独断と偏見で選んだ大谷のすごいホームランランキング

最終更新日

大谷翔平選手の21年シーズンが終了しました。
今年は大谷選手のおかげで毎日起床してから結果を見たり、
abemaで毎打席視聴するのが楽しかったです。
とてもじゃないけど信じられない
アンタッチャブルレコードを叩き出したなと思います。

というわけで独断と偏見で選んだオオタニサンのやばいホームランランキングを発表していきたいと思います。
(何のブログなんだ…)

5位:28号(ヤンキース戦)


やばい点:打球速度
2打席連続の2本目がこれでしたが、やっぱりこれは打球スピードが驚異的。
(15号も似たような感じですが、こっちのほうが衝撃度が高かったです)
この頃は本当に手がつけられなかったすね。
カブレラのアレを思い出しました。

4位:25号(レイズ戦)


やばい点:持っていき方がおかしい
これも衝撃度がデカすぎて10連続ぐらいで見てしまったのをよく覚えています。
ちょっと柳田悠岐感がありますよね。なんという馬鹿力なのか。

3位:11号(レッドソックス戦)


やばい点:はい意味わからんと言いたくなる打球
これ印象的な人も多いんじゃないですかね。
崩されまくってるのにグリーンモンスター超え。
12号のバーンズから打った逆転2ランもヤバかった。

2位:33号(マリナーズ戦)


やばい点:驚愕の飛距離
これも印象的な人が多いであろう絶句せざるを得ない超特大クソデカホームラン。
打った後のお客さんのドン引き気味のどよめき、解説の苦笑いが衝撃度を物語っています。
150、160mは飛んだのでしょうか。頭を抱えるアップトンのリアクションが最高でした。

1位:2号(ホワイトソックス戦)


やばい点:打球音
1位はダントツでこれです!!初リアル二刀流の日の第一打席で即打った時点でヤバすぎるのですが
やっぱり打球音。野球を30年見てきましたがこんな音マジで初めて聴きました。
向こうの実況の人はHRの時「Crushes」と言いますがまさにCrushそのものの一打。

以上です。いかがだったでしょうか?(定型文)
来シーズンはトラウトもレンドンも帰ってきて投手も的確に補強したら
きっとポストシーズンも期待できるのではないでしょうか。
どんな成績を残すのか?楽しみで仕方ないです。
MVP!!MVP!!

シェアする